人気ブログランキング |

カテゴリ:とも通信( 4 )

あの日 あの時 Vol.3

あの日あの時vol.3

「先日、アメリカの医療問題を描いた「シッコ」という映画を見ました。その中で次のようなセリフがありまし た。人はずっと不安の中にいると力を失っていくのだそうです。力を失う前に安心して暮らせる社会に向けてなんでもいいから、行動して力を失わないでいられるようにしたいものです。やっぱり、誰もが安心して暮らせる社会をあきらめたくない、って思います。」

~とも通信6号 西田良枝(とも創業者)巻頭記事より抜粋~


by patomotopics | 2020-04-28 12:11 | とも通信

あの日 あの時 Vol.2

「『ホテルで式典なんて贅沢では』という声もなかったわけではありませんが、『福祉は公民館か福祉センターで手作り』という固定したイメージではなく、『福祉の仕事』も『社会一般の仕事』と同じように、設立記念は少し晴れがましくと思いました。

(中略)結果、うれしいことがいくつもありました。

(中略)ホテルの方からは『こんなにたくさんの車椅子の方が入った式典ははじめてでした。勉強になりました。』

地域の方からは『こんな風に障害を持つ人たちといっしょにいる場が、もっとあったら、『とも』の理念はすぐに現実になるのにね。もっとみんなに知ってもらい たいわ。』

企業の方からは『正直、仕事と思ってきましたが、とても感動し、企業の人間としても、何かしなくてはと思いました。何でも言ってください、できることはします。』と、大きな握手を求められました。」

~とも通信2号(2006年) 西田良枝(とも創業者)巻頭記事

「みんなとともにスタートしました!~設立記念式典~」より抜粋~



by patomotopics | 2020-04-01 10:27 | とも通信

あの日 あの時 Vol.1

「もろく消えてしまうような地域福祉事業に、誰も愛する家族を託せるはずはありません。社会福祉法人になることは、例えやりたくなくなる瞬間があっても、仲間が疲れ果て去っていってしまったとしても、本気で逃げずに腹をくくって地域福祉事業を展開していくのだ、という決意でもあります。それは、単にサービスを提供する事業を展開することではありません。 

ひとりの願いをかなえることが、普遍的なみんなのものにつながっていく共感を得、参画することがひとりひとりの 願いの実現に通じていく実践を通して理念を実現していく、意思と願いを持つ法人をつくっていくことだと思います」

~とも通信(社会福祉法人)設立記念創刊号(2006年)  西田良枝(とも創業者)のあいさつより抜粋~


by patomotopics | 2020-02-04 12:16 | とも通信

とも通信47号

とも通信47号を発行しました。

*平成30年度も在り方を大切に
*講演会レポート(基幹相談支援センター主催後援会報告)
*地域福祉と私
*平成29年度の報告と平成30年度の抱負
*後援会「ともと歩む会」のお知らせ
*「とも」を支えてくださる方々
*ご利用案内/連絡先/ボランティア募集
*編集後記

とも通信47号はコチラからご覧いただけます。(PDFで開きます)


by patomotopics | 2018-07-28 14:48 | とも通信